CriticRevisionObligatios2015
23/32 Ⅲ 諮問・適合性の評価

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
第3部では,改正案が,その出発点となった法務大臣の諮問に答えているかどうかという観点から,第三者評価を行います。■ ★第1点は,民法制定以後の社会・経済の変化に対応するものとするという観点からの評価です。■ ★第2点は,国民一般にとって,わかりやすいものにするという観点からの評価です。 ■わかりやすいとは,どういうことなのかを検討したうえで評価を行います。