CriticRevisionObligatios2015
7/32 Ⅰ-2. 改革規制会議でのやり取り(改正目的)http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/minutes/wg/2007/0406/summary0406.pdf

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★規制改革会議の委員に言質を取られまいとする筒井参事官は,民法(債権関係)改正の立法事実の例を挙げることをやんわりと拒みます。■ ★福井委員は,改正の必要性,すなわち,立法事実としての具体例を挙げるように迫ります。