CriticRevisionObligatios2015
8/32 Ⅰ-2. 改革規制会議でのやり取り(改正目的)http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/minutes/wg/2007/0406/summary0406.pdf

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★筒井参事官は,抽象論に終始し,改正に必要な立法事実の具体例を挙げようとはしません。■ ★福井委員は,あくまで,具体例を挙げるよう追及します。■ ★筒井参事官は,具体例を挙げることを突っぱねます。 ■具体例を挙げると,法と経済学の専門家である福井委員に突っ込まれ,自由な改正に制約がかかることを危惧しているからでしょう。