CriticRevisionObligatios2015
9/32 Ⅰ-3. 改革規制会議でのやり取り(公私混同)http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/minutes/wg/2007/0406/summary0406.pdf

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★引き続き,福井委員は,改正手続きの異常性を指摘して,筒井参事官を追及します。■ ★すなわち,法務省が省内には検討組織を設置せず,学界の有志で構成される一民間団体を設立した上,そこに改正試案の検討をおこなわせ,その試案の完成と正式な立法手続(法制審の審議)とを連動させることについて, ■それは,行政庁としての責任を回避する点でも,情報公開が保障されない点でも,行政庁としてやってはならないことであると,筒井参事官を追及します。