01Orientation
4/37 法学部の教育理念・教育目標明治学院大学学則 第5条

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
法学部の教育理念,または,教育目標は,何でしょうか? ■明治学院大学の学則には,以下のような規定があります。 「法学部は,けんがくの精神であるキリスト教主義教育の伝統にのっとり, 他者とりわけ弱者を尊重する自由で平等な社会を,主体的に作り上げていくことができる, 専門的知識を備えた能動的な市民を育成することを教育理念とする。」 ■明治学院大学のけんがくの精神である,“Do for others”「他者への貢献」を中核として,他者,特に,社会的な弱者に対して,その▲意思と▲利益を尊重し,その実現のために援助をすることが “Do for others”の意味であることが,この規定によって明確にされています。 ■教育理念において,「真理の探究」などという,中立的な目標ではなく,「弱者の尊重」を明確に規定していることは,国立大学法人のような他の大学には真似のできない,明治学院大学だから▲こその▲特色といってよいでしょう。■ 法学部のミッション,すなわち,先に述べた法学部の教育理念を実現するためには,私たちは,どのような行動をすべきでしょうか? ■法学部のミッションは,明治学院大学学則において,以下のように規定されています。 この教育理念〔けんがくの精神 “Do for others” 〕のもと,法学や政治学が,社会の平和と人々の幸福を目指すものであるという本来の出発点に常にたちかえり,■ さらには現代社会において新たに発生する諸問題に対処すべく,■ 人間の尊重,弱者救済の視点から,学部における教育・研究を行うものとする。 ■先に述べたように,「人間の尊重と弱者救済」の観点から,「社会の平和と人々の幸福を目指す」というミッションを高く掲げている法学部は,全国でもまれです。 ■明治学院大学の法学部のミッションに誇りをもって,実践に移すことにしましょう。