03Assignment2
23/35 債権譲渡の債務者の抗弁の改正

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
債権譲渡がなされた場合の債務者の抗弁については, 先に述べたように,債務者の保護が強化され,異議をとどめないでする承諾についての規定が削除されました。 ■このような債務者保護がなされたのですから,債権譲渡禁止特約の役割は終わったというべきでしょう。 それにもかかわらず,債権譲渡禁止特約の規定を残し,その点についての規定を468条で,改正案の矛盾点をフォローしているのは,真に不可解です。