05BankTransfer
20/25 最二判平8・4・26 民集50巻5号1267頁(8/10) 判例の批判的検討(1/3)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
最高裁8年判決について,批判的検討を行います。■ 「棚ぼた式」,すなわち,「なんの努力をしないのに,棚からぼた餅が落ちてきて,偶然の利益を享受する」ような利益を得ようとしている,ご振込みの受取人,および,その債権者Yよりも,錯誤によって,ご振込みを依頼したXが保護されるべきです。■ 振込制度を開発し,管理・運営しており,振込み制度をコントロールできる立場にある仕向銀行が,振込から通常生じうるリスクを負担すべきです。■ 振込業務を引き受けた仕向銀行は,錯誤によるご振込みの無効を認め,正規の振込業務を履行すべきです。 ■つまり,後に述べるように,組戻しの後に,正規の振込を実行すべきだと,私は考えています。