05BankTransfer
6/25 第三者のためにする契約の代表例(2)債務引受

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
民法(債権関係)改正によって,債務引受に関する明文の規定が誕生することが予定されていますが, 現状においては,わが国には, 債務引受に関する 明文の規定は存在しないとされています。■ そこで,判例(大審院▲大正10年5月9日▲判決▲民録27輯899頁)は, ドイツ民法(414条~)等を参考にして, 判例法理を形成してきました。■ しかし,わが国には,条文の根拠が,本当に存在しないのでしょうか。