06StipulationAutrui
60/95 電信送金契約に関する判例の検討最一判昭43・12・5民集22巻13号2876頁 判決(3/5)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
さきに述べた第1回控訴審判決は,電信送金契約を,第三者のためにする契約であると性質決定した画期的な判決でしたが,第1回最高裁判決は,第三者のためにする契約に該当する事実があるかどうかを審理させるために,以下のように述べて,控訴審判決を破棄し,差し戻します。■ 電信送金契約が,第三者のためにする契約であって,これにより,第三者たる送金受取人に直接受託銀行に対する権利を取得させる趣旨のものであるかどうかは,単に電信送金制度の目的からのみこれを決すべきではなく,右両銀行間に結ばれている電信送金に関する基本契約である電信為替取引契約の内容および送金依頼人と委託銀行との間における契約の趣旨をも考察してこれを決すべきであるところ,右第二審判決はこれらの点について何らの検討判断をもしていないから,同判決には審理不尽の違法がある。 ■第2回の上告審判決(最高裁▲第三小法廷▲昭和38年2月26日▲判決▲民事判例集17巻1号248頁)も同様です。 ■そこで,つぎのように,第3回の控訴審判決がなされることになりました。