06StipulationAutrui
61/95 電信送金契約に関する判例の検討最一判昭43・12・5民集22巻13号2876頁 判決(4/5)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
第3回 第二審東京高裁▲昭和40年9月29日判決(本判決の原審)は,電信送金契約を第三者のためにする契約だとする第一審判決を,以下のように述べて取り消します。 岩手殖産(被仕向銀行)と控訴人Y銀行(仕向銀行)との間の 本件電信送金支払委託の契約は,第三者である被控訴人Xに直接控訴人Yに対する権利を取得させるものではない。■ むしろ,単に控訴人Y(仕向銀行)が本件電信送金を受取人Xに交付する義務を岩手殖産(被仕向銀行)に対して負う契約であるとみるのが相当である。■