06StipulationAutrui
63/95 電信送金契約に関する判例の検討最一判昭43・12・5民集22巻13号2876頁の批評(1/5)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
最高裁昭和43年判決が踏襲した 大審院大正11年判決(大審院大正11年9月29日判決▲民事判例集▲1巻557頁)は,判旨部分のみをみると,以下のように,最高裁判決と全く同じです。■ 銀行業者が電報送金の委託を受け,その金員を受取り,自己の本店又は支店の手を経て,第三者なる受取人に金員交付の手続をなすは,委託者に代り委託者の金員を第三者に送付するものにして,民法にいわゆる委任契約に胚胎するものといはざるを得ず。■ その契約の効力は,銀行と委託者との間に止まり,固よりその契約において銀行業者が第三者なる受取人に対し自己のシュツエンに係る金員の給付をなすことを約したる場合にあらざるをもって,その銀行は,第三者なる受取人に対し,何等の義務を負うことなく,又,第三者なる受取人も,また,銀行に対し何等の権利を取得すべきものにあらず。■ ゆえに,これを第三者のためにする契約ということをえざるや 明らかなり。■