06StipulationAutrui
8/95 第三者のためにする契約の条文(立法理由と判例)の理解

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
第三者のためにする契約を理解するために,以下の順序で検討を進めることにします。■ 第1に,第三者のためにする契約の定義と典型例を図解します。■ 第2に,民法537条(当事者と効力)を図解します。■ 第3に,民法538条(変更可能の時期)を図解します。■ 第4に,民法539条(抗弁の対抗)を図解します。■