06StipulationAutrui
86/95 最二判平8・4・26 民集50巻5号1267頁(10/10) 判例の批判的検討(3/3)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
最高裁▲平成8年判決について,批判的検討を続けます。■ 振込の制度は,すべて,銀行と「全銀ネット」のコントロールに置かれています。■ そこで不具合が生じた場合に,そのリスクを顧客である振込依頼者に負わせたのでは,問題の真の解決から離れてしまうだけでしょう。■ 振込制度から生じる不都合は,その制度をコントロールしている銀行のイニシアティブによって解決されるべきだと,私は考えています。