07Payment1
38/39 弁済の費用

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
弁済の費用に関しては,民法485条(弁済の費用)が,以下のように規定しています。■ 弁済の費用について別段の意思表示がないときは,その費用は,債務者の負担とする。ただし,債権者が住所の移転その他の行為によって弁済の費用を増加させたときは,その増加額は,債権者の負担とする。 ■しかし,この規定は,売買のような双務契約に関する場合に,どのような費用分担をすべきかについて,明確ではありません。■ ■そこで,以下のような,民法▲修正私案を考えてみました。■ 第558条・改正私案(売買契約に関する費用費用)は,以下の通りです。 売買契約に関する費用は,その結果が双方に利益をもたらすものであることに鑑み,民法485条の但し書きの法理,および,民法427条(分割債権及び債務)の趣旨に基づいて,当事者の双方が平分してこれを負担する。■