09Payment3
11/23 供託物の取戻し

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
民法496条(供託物の取戻し)は,以下のように規定しています。■ 民法496条▲第1項■債権者が供託を受諾せず,又は供託を有効と宣告した判決が確定しない間は,弁済者は,供託物を取り戻すことができる。この場合においては,供託をしなかったものとみなす。■ 民法496条▲第2項■前項の規定は,供託によってシチ権又は抵当権が消滅した場合には,適用しない。 ■供託物の取戻しが行われた場合には,■ 目的不到達によって供託が終了することになります。■ つまり,弁済者の取り戻し請求により,供託関係は本来の目的を達しないまま終了します。