09Payment3
14/23 練習問題1

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
弁済による代位の中で,最も困難な問題を生じさせているのが,代位権者が競合する場合です。 ■ここでは,判決で問題となった実際の事例の数値を簡略化した練習問題を解くことによって理解を深めることにしましょう。 ■最初は,比較的簡単な練習問題1を解いてみます。 AのBに対する6,000万円の債権について,C,Dが保証人となり,E,Fが物上保証人となったとします。■ また,Eは価格4,000万円の不動産について債権者Aのために抵当権を設定し,Fは6,000万円の不動産に債権者Aのために抵当権を設定したとします。■ 保証人Cが債務者Bに代わって6,000万円を弁済した場合に,保証人Cは,債権者Aに代位して,Fの不動産に対する抵当権を実行して,6,000万円全額の回収ができるか,というのが問題です。