09Payment3
21/23 最一判昭61・11・27民集40巻7号1205頁(1/2)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
練習問題2と類似の事件に関して,最高裁▲昭和61年11月27日判決▲民事判例集▲40巻7号1205頁は,以下のように判示しています。 ■判決の構成が,以下で示すように,アイラックとなっている点でも,注目すべき判決となっています。■ 第1は,争点です。 ■民法501条但書四号,五号の規定は,保証人又は物上保証人が,複数存在する場合における弁済による代位に関し,右代位者相互間の利害を公平かつ合理的に調整するについて,代位者の通常の意思ないし期待によって代位の割合を決定するとの原則に基づき,代位の割合の決定基準として,担保物の価格に応じた割合と,アタマ数による平等の割合を定めているが,右規定は,物上保証人相互間,保証人相互間,そして保証人及び物上保証人が存在する場合における保証人全員と物上保証人全員との間の代位の割合は定めているものの,代位者の中に保証人及び物上保証人の二重の資格をもつ者が含まれる場合における,代位の割合の決定基準については直接定めていない。■ 第2は,ルールです。■ したがって,右の場合における代位の割合の決定基準については,二重の資格をもつ者を含む,代位者の通常の意思ないし期待なるものを捉えることができるのであれば,右規定の原則に基づき,その意思ないし期待に適合する決定基準を求めるべきであるが,それができないときは,右規定の基本的な趣旨・目的である公平の理念にたち返って,代位者のアタマ数による平等の割合をもって決定基準とするほかはないものといわざるをえない。