10SetOff1
11/22 相殺の担保的機能(3/5)

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
ソウサイの担保的機能に関する学説の紹介です。 ■ここで問題となるのは,さきに図解した,銀行の貸金債権と預金者の預金債権とが存在する場合であり, ■その預金債権を第三者が差し押さえたという事例です。 ■その際に,ソウサイの担保的機能が発揮されて,ソウサイが差押に対抗できるのはどのような場合なのか?という問題です。 第1に,ソウサイ適状説を取り上げます。 ■自働債権,ジュドウ債権,差押えの順番が,どのような場合に,ソウサイが差押えに対抗できるのでしょうか。 ■差押えがなされる前に,自働債権である貸金債権,ジュドウ債権である預金債権がどのような条件を満たしている必要があるのか? 答えて下さい。