10SetOff1
3/22 相殺の具体例

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
ソウサイの意味を抽象的に説明したので,具体例を挙げて,ソウサイについて,明確なイメージを持つようにしましょう。 ■ソウサイに関する典型的な例は以下のとおりです。■ AがB銀行に50万円預金をし,BがAに対して80万円貸し付けた場合に,A又はBがソウサイの意思表示をすれば,AのBに対する50万円の債権が消滅し,AのBに対する30万円の債務が残ることになる。 ■この例について,図解することにします。■ B銀行と■ 顧客Aとの間の銀行取引です。■ 顧客AがB銀行から80万円の借り入れをしたとします。■ 顧客Aは,B銀行に50万円の預金をしているとします。 ■顧客Aが,期限が来ても,借入金の返済をできなくなったとしましょう。■ その場合,B銀行は,顧客Aの財産に対して面倒な手続きである強制執行をするよりも,ソウサイの意思表示をするだけで,50万円の債権を回収することができます。 ■貸金残高の30万円については,B銀行は,別途,回収の道を探ることになります。