11SetOff2
13/21 相殺の担保的機能(3/7) 表9

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★第4の無制限説とは,両債権ともに弁済期にない時点で,差押えがなされたときでも,かつ,自働債権の弁済期がジュドウ債権の弁済期よりも後に到来する場合であっても,ソウサイをもって差押えに対抗することができるという説です。■ ★それでは,自働債権とジュドウ債権とがソウサイ適状にない時点で差押えがなされた場合に,ソウサイをもって差押えに対抗できるのはなぜなのでしょうか? その理由を答えて下さい。