13Novation
2/16 更改の意義

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★更改とはなんでしょうか?■ ★更改とは,契約によって既存の債権を消滅させると同時に,これに代わる新しい債権を成立させることをいいます。民法513条1項は,更改を債権(すなわち,旧債権)の消滅原因のひとつであるとしています。■ ★ただし,債務者の交代による更改(すなわち,民法514条)の場合,旧債務者が残る並存的債務引受に該当する場合には,旧債務が消滅しない場合があります。これを,不完全更改ということがあります 。■ ★更改とダイブツ弁済との違いは,以下の通りです。■ ★更改においては,確かに古い債務は消滅しますが,代わりに,新しい債務が成立します。 ■つまり,全体としてみると,「債務の切替え」が行われるだけです。■ ★これに対して,ダイブツ弁済においては,現実に給付が行われて,すべての債権が消滅します。