14Fusion
3/15 免除の意味

【テロップ】
※各テロップ文字をクリックすると該当の場所がピンポイントで閲覧できます。



【ノート】
★免除とは,なんでしょうか?■ ★免除とは,債権者が,債務者に対する一方的な意思表示によって債務を消滅させることをいいます。■ ★この点について,民法519条(免除は),以下のように規定しています。■ ★債権者が債務者に対して債務を免除する意思を表示したときは,その債権は,消滅する。■ ★免除は単独行為(債権の放棄)として規定されているので,債務者の意思を問わずに債権者が自由にすることができますが,免除によって第三者を害することは許されません。■ ★例えば,賃借地上の建物に抵当権をもつ者があれば,借地ニンが賃借権を放棄しても,抵当権者に対抗できないと解されています(民法398条を参照してください)。■ ★第398条(抵当権の目的である地上権等の放棄)は,以下のように規定しています。■ ★地上権又はエイ小作権を抵当権の目的とした地上権者又はエイ小作人は,その権利を放棄しても,これをもって抵当権者に対抗することができない。 ■このような考え方は,つぎに述べる,債権や物権における権利の放棄の場合にも,妥当する考え方です。