[自己紹介の目次]


履歴

加賀山 茂(かがやま・しげる)


還暦記念の日に

本籍地 愛媛県
現住所 〒879-1504 大分県速見郡日出町大神823
生年月日 昭和23(1948)年生

学歴
昭和41(1966)年 3月 大阪府立池田高等学校卒業
昭和42(1967)年 4月 大阪大学法学部入学
昭和47(1972)年 3月 大阪大学法学部卒業
昭和47(1972)年 4月 大阪大学大学院法学研究科修士課程入学 民事法学専攻
昭和49(1974)年 3月 大阪大学大学院法学研究科修士課程修了
昭和50(1975)年 4月 大阪大学大学院法学研究科博士課程入学 民事法学専攻
昭和54(1979)年 9月 大阪大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

職歴
昭和54(1979)年10月 国民生活センターに就職 研修部教務課に勤務
昭和59(1984)年3月 国民生活センター(研修部教務課課長補佐)退職
昭和59(1984)年4月 大阪大学教養部(法学第三研究室)講師
昭和62(1987)年4月 大阪大学法学部(民法第二講座)助教授
平成 4(1992)年7月 大阪大学法学部(民法第二講座)教授
平成 8(1996)年4月 名古屋大学法学部 (紛争処理法制講座) 教授・大阪大学法学部教授 (併任)
平成 9(1997)年4月 名古屋大学法学部 (紛争処理法制講座) 教授
平成11(1999)年4月 名古屋大学大学院法学研究科(法政応用情報処理講座)教授
平成17(2005)年4月 明治学院大学法科大学院(明治学院大学大学院法務職研究科)教授
平成26(2014)年4月 明治学院大学法学部教授 (平成29(2017)年3月まで)
平成27(2015)年4月 明治学院大学「法と経営学研究科」委員長に就任(平成29(2017)年3月まで))
平成29(2017)年3月 明治学院大学を定年退職
平成20(2008)年2月~ 名古屋大学名誉教授 現在に至る

賞罰

平成18(2006)年11月24日 吉野一,加賀山茂,櫻井成一朗,新田克己,鈴木宏昭,太田勝造 「事例問題に基づく法律知識ベースと論争システムを活用した法創造教育」(「IT活用教育方法研究」(私立大学情報研究協会刊)に掲載)により,文部科学大臣賞(最優秀賞)受賞


[自己紹介の目次]